羅針盤

ホーム > 羅針盤 > 主席研究員 山田慎也 > 「大人が趣味を楽しむまち・静岡」の提案

  • 主席研究員 山田慎也
  • No.70

「大人が趣味を楽しむまち・静岡」の提案

静岡県は、プラモデル、楽器、オートバイなど趣味に関連する産業が集積している。ということは、関係企業の社員を含めて、その分野を趣味として楽しんでいる住民がたくさんいるはずだ。そこで、その人たちが中心となり、経験が全くない人でも趣味の世界へ入ることができる仕組みをつくることができないだろうか。たとえば、学校の部活動のように、多くの住民が参加する"住民クラブ活動"のようなものはどうだろう。
住民クラブ活動の候補としては、前述した「プラモデル制作クラブ」、「楽器アンサンブル・クラブ」、「バイク・ツーリング・クラブ」のほかに、「クラウンメロン園芸クラブ」(賞味含む)、「モータースポーツ・クラブ」(自動車産業と富士スピードウェイがある)、「お茶づくり・煎茶道クラブ」、「オリジナル家具制作クラブ」、「サーフィン・マリンスポーツ・クラブ」など、書ききれないほど考えられる。
まずは、自分たちが"楽しむ"ことに関しては負けないクラブにする。その分野の人にしか分からないディープな楽しさが沢山あるほうがよい。実際に生産に携わっている人や、専門的な知識をもった人が県内に在住しているので、そう簡単に他の地域に真似されるはずはない。
しかし、同時に重要なことは、初心者でも簡単・手軽に楽しさを体験できるクラブにするということ。住民が心から趣味を楽しんでいれば、その世界に入りたいと思う人が増えるはず。その人たちをスムーズに受け入れる仕組みが必要だ。東京から日帰りで気軽に参加できるクラブ活動がある"大人が趣味を楽しむまち"として、静岡県をブランディングして発信できれば、交流人口の増加が期待され、さらには関連する仕事があれば定住にもつながるかもしれない。しかも流入してくる人々は、まさに住民と"趣味の合う人たち"なのだ。
住民クラブ活動は、できれば県や自治体公認の方がよい。趣味は、住民の幸福度を高め、健康増進にも効果があるはずで、県が推進する健康長寿日本一の施策とも合致する。
もちろん、県外住民のクラブ入会も大歓迎で、その際、自治体公認の方が参加する人々に安心感を与える。
静岡県は、日照時間が長く、首都圏に近いなど、すでに立地条件からみても"趣味のまち"としての優位性がとても高い。住民クラブ活動は、シティプロモーション効果、交流人口の増加、若者のU ターンや移住・定住の促進、高齢者の社会参加などの効果があり、地元産業の振興にもつながる。地方創生策としてなかなか有益だと思うが、いかがだろうか。

投稿者:主席研究員 山田慎也|投稿日:2016年10月31日|

ページの先頭へ

入会お申し込み・資料請求について 入会および維持会員への切り換えなどに関するご照会・お問い合せは、総務部会員担当までご連絡ください。
また、入会資料の送付をご希望される方は、入会お申し込み・資料請求フォームよりお申し込みください。電話番号 054-250-8750 E-mail info@po.seri.or.jp 受付時間 9:00から17:00 祝日 土・日・祝除く入会お申し込み資料請求フォーム

  • 維持会員専用サイト

カテゴリー

最近の投稿

月別

  • サービス案内
  • 財団法人 静岡経済研究所 書籍のご案内
  • 静岡経済がわかるリンク集
  • 静岡県内事業者一覧
  • 研究社員紹介
  • マーケットプラザ