羅針盤

ホーム > 羅針盤 > 主席研究員 鈴木宏和 > 大学生の"懐事情"に思う

  • 主席研究員 鈴木宏和
  • No.75

大学生の"懐事情"に思う

新年度に入り1カ月が過ぎた。初めて親元を離れ1人暮らしを始めた大学生は、次の仕送りまで、手持ちのお金でどうやりくりするのか、家計のペースを掴むまでが大変であろう。
平成28年におけるアパート・マンション等に住む学生の月間支出は、住居費5万2千円、食費2万5千円など計11万8千円。これを、仕送り7万円、奨学金2万1千円、アルバイト2万7千円で賄う(全国大学生協連調べ)。学費と合わせ、1人当たり年間200 万円以上が必要で、親の懐はもとより、送り出す地域経済にとっても大きなマイナスとなる。
奨学金を受給する場合は、その分、親の負担は減るものの、本人は卒業後の返済に汲々とする。日本学生支援機構(JASSO、旧・育英会)の貸与型奨学金は、大学生の2.6 人に1人が利用しているという。第一種奨学金(利子なし)は、私大・自宅外学生で月6万4千円、4年間の総額は307万円になる。利子付の第二種奨学金(月12万円まで)も借りられるが、返済負担は一段と重くなる。それではと、アルバイトを増やすと、大学とバイト先を往復するだけの学生生活に陥り、将来の夢がぼやけてしまったり、勉強も人間関係も幅や深みに欠けた味気ないものになりかねない。
学生を送り出す親や地域、そして学生当人のいずれも、結構切ない状況といえる。この要因としては、?地元に大学が足りないこと、?学費と生活費に多額を要すこと、?苦労が報われる就職先が見つけにくいこと、などが挙げられる。?については、単に数を増やすだけでなく、是非入学したいと思えるような質が伴わなくては意味がない。?に関しては、給付型(返済不要)奨学金を増やそうという声が上がっている。
財源の問題はあるが、拡充が待たれるところだ。
?には、正規雇用枠の増加が必要であるが、一方で、そもそも大卒を条件とする求人が本当に妥当なものか、企業サイドも見直すべきであろう。高卒の採用枠が増えれば、県外への人口や資金の流出は抑えられるはずだ。
もう1つ、行政に一考願いたいのが学生寮の設置である。大学や出身高校の枠を超え、地元学生の情報ネットワークのベース基地として、経済的な面以上に、学生生活の充実につながる効果が期待できるのではないだろうか。
現在、全国の自治体が運営する学生寮は41カ所あり、大半は県単位のものであるが、会津若松市など4市は市独自に学生寮をもつ。本県関係では、東京都文京区に静岡県学生会館・富士寮があるのみである。
学生生活が実りあるものとなることは、Uターン就職を促す自治体や地域企業にとっても望むところと思う。目先の"コスパ"にのみ囚われることなく、地域として知恵を絞りたいところである。

投稿者:主席研究員 鈴木宏和|投稿日:2017年05月01日|

ページの先頭へ

入会お申し込み・資料請求について 入会および維持会員への切り換えなどに関するご照会・お問い合せは、総務部会員担当までご連絡ください。
また、入会資料の送付をご希望される方は、入会お申し込み・資料請求フォームよりお申し込みください。電話番号 054-250-8750 E-mail info@po.seri.or.jp 受付時間 9:00から17:00 祝日 土・日・祝除く入会お申し込み資料請求フォーム

  • 維持会員専用サイト

カテゴリー

最近の投稿

月別

  • サービス案内
  • 財団法人 静岡経済研究所 書籍のご案内
  • 静岡経済がわかるリンク集
  • 静岡県内事業者一覧
  • 研究社員紹介
  • マーケットプラザ