羅針盤

ホーム > 羅針盤 > 常務理事 大石人士 > "匠の技"を継ぐ 人材育成を

  • 常務理事 大石人士
  • No.74

"匠の技"を継ぐ 人材育成を

全国の熟練技能者が「技」の日本一を競う「技能グランプリ」が、今年2月に静岡県で開催された。地方開催は珍しく、本県は東京都に次いで2番目に多い34人と過去最大の選手団を結成。"ものづくり県静岡"のトップの「技」を全国にアピールした。
技能グランプリは国内最高峰の技能競技大会で、出場できるのは特級、1級などの技能検定に合格した技能士のみ。種目は旋盤、フライス盤、建築大工といったものから、婦人服製作、和裁、日本料理、レストランサービスなど30種目と多彩。技能士の日々の修練による技能レベルの向上はもとより、在籍する企業内における技能の継承やチームワークの強化など、大会の意義と効果は大きい。
建築大工種目では、課題図に示された複雑な形状の「小屋組み」(屋根部分の骨組み)を制限時間内に製作し、墨付けの正確さや木削りの素早さなどを競う。選手は真剣な表情で作業に没頭し、会場は張りつめた空気に包まれ、見る者を圧倒する。 
ひるがえって県内産業界を見渡せば、若者の「技術・技能離れ」が言われて久しく、いま、製造業や建設業等において技術・技能を持つ労働者の不足が問題となっている。近年の若年人口の減少がこれを加速し、本県産業の将来に深刻な影響を及ぼすことが危惧されている。
静岡県が策定した「第10次職業能力開発計画」においても、"技術・技能を尊重する社会の実現"が主要な柱の1つとなっている。技術・技能の重要性や必要性を広く県民に理解してもらい、尊重する機運の醸成を図っていかなければならない。
具体的には、小・中・高校生の段階から「ものづくり」に触れる機会をつくり、ものづくりの楽しさや技能の大切さを伝えていく必要がある。これは若者の勤労観や職業観の醸成にもつながる。また、技術士・技能士等の社会的評価の向上も欠かせない。技術・技能を継承する意識の向上、優れた技能者の表彰や活躍の場の確保など、まさに技能グランプリ等を通じて技能の素晴らしさをPRしたい。
さらに、技術・技能継承に取り組む中小企業に対しては、県内3カ所の技術専門校を活用した在職者訓練や、昨年から開始された県と地元大手メーカーとの人材育成協定など、製造現場での実践経験に裏打ちされた人材育成にも大きな成果が期待される。
ものづくり県静岡を支える"匠の技"の継承は、こうした意識の醸成から現場での実践まで、地域一体となった人材育成によって実現していくものといえよう。

投稿者:常務理事 大石人士|投稿日:2017年04月04日|

ページの先頭へ

入会お申し込み・資料請求について 入会および維持会員への切り換えなどに関するご照会・お問い合せは、総務部会員担当までご連絡ください。
また、入会資料の送付をご希望される方は、入会お申し込み・資料請求フォームよりお申し込みください。電話番号 054-250-8750 E-mail info@po.seri.or.jp 受付時間 9:00から17:00 祝日 土・日・祝除く入会お申し込み資料請求フォーム

  • 維持会員専用サイト

カテゴリー

最近の投稿

月別

  • サービス案内
  • 財団法人 静岡経済研究所 書籍のご案内
  • 静岡経済がわかるリンク集
  • 静岡県内事業者一覧
  • 研究社員紹介
  • マーケットプラザ