羅針盤

ホーム > 羅針盤 > 主席研究員 塩野敏晴 > 静岡市のハンバーグ年間支出額はなぜ日本一か

  • 主席研究員 塩野敏晴
  • No.69

静岡市のハンバーグ年間支出額はなぜ日本一か

静岡市のハンバーグの年間支出金額(世帯当たり1 , 7 2 6 円)は日本一だという(外食を含まず)。これは、総務省の「平成2 7 年家計調査」によるもので、静岡県のホームページ「Myしずおか日本一」にも掲載されている。ただし、「家計調査」の都市別比較(県庁所在市+ 政令指定都市)は、サンプル数が少ないため年次による変動も大きく、「この年はたまたま」という感もある(平成2 6 年は8位)。しかし、静岡市のハンバーグの支出額は毎年上位にあり、浜松市が3位であったことも併せると、静岡県民が「ハンバーグ好き」であることは間違いないようだ。そこで、静岡県民がなぜハンバーグが好きか、考えてみた。
消費関連の統計をみると、もともと静岡県は、「調理食品」の支出が多いという特徴がある。併せて「米」の支出も多く、調理食品や惣菜を買って自宅でご飯だけ炊いて食べる、いわゆる「中食」を多用する傾向のあることがうかがわれる。
これは、静岡県の消費環境面での特徴が影響しているように思われる。まず、本県は女性の有業率が5 0 . 8 %(全国7位、平成2 4年総務省「就業構造基本調査」)と高く、共稼ぎの世帯も多いとみられ、中食利用につながっていると考えられる。また、1人当たり県民所得が都道府県別で3位と、所得水準が高い。大都市部など所得水準が高いところは、外食に対する支出が多いという傾向があるが、大都市部ほど飲食施設が集積していない静岡県は、外食の支出は少ない。
そこで、外食に代わる満足度が得られるような調理食品として、ハンバーグが選ばれているのではなかろうか。加えて、本県は自動車所有率が高い。ハンバーグは、和風、チーズ入りなどバリエーションの多彩なメニューである。共稼ぎの主婦などが仕事帰りに、自分や家族の好みに合ったハンバーグを求めて、惣菜店等を買い回ることも可能である。
さらに、供給面から要因を考えてみる。主に合挽き肉を利用するハンバーグは、万人受けする肉料理である。肉類は、西日本では牛肉、東日本では豚肉が好まれるなど、国内で嗜好が分かれるが、東西日本の中間にある本県は、「ストライクゾーン」が広いと思われ、県内でハンバーグのテスト販売等を考える企業も多いのではないか。
このように、静岡でハンバーグに対する支出が多い背景には、複合的な要因が考えられる。
家計調査で今後も静岡市がハンバーグ支出額で国内トップレベルを保ち続けるのであれば、浜松市や宇都宮市の餃子のように、住民や産業界も巻き込んで、静岡=ハンバーグの街というイメージを定着させることも検討してみてはいかがだろうか。

投稿者:主席研究員 塩野敏晴|投稿日:2016年09月30日|

ページの先頭へ

入会お申し込み・資料請求について 入会および維持会員への切り換えなどに関するご照会・お問い合せは、総務部会員担当までご連絡ください。
また、入会資料の送付をご希望される方は、入会お申し込み・資料請求フォームよりお申し込みください。電話番号 054-250-8750 E-mail info@po.seri.or.jp 受付時間 9:00から17:00 祝日 土・日・祝除く入会お申し込み資料請求フォーム

  • 維持会員専用サイト

カテゴリー

最近の投稿

月別

  • サービス案内
  • 財団法人 静岡経済研究所 書籍のご案内
  • 静岡経済がわかるリンク集
  • 静岡県内事業者一覧
  • 研究社員紹介
  • マーケットプラザ