羅針盤

ホーム > 羅針盤 > 主席研究員 川島康明 > 未来のバイク、バイクの未来

  • 主席研究員 川島康明
  • No.73

未来のバイク、バイクの未来

自動車業界では電動化や自動運転などの開発競争が激化しているが、静岡県でも生産が盛んなバイク分野はどうだろうか。
バイクへのデジタル技術の導入は着実に進んでいる。ABS、エンジンの応答性やサスペンションの電子制御、トラクションコントロール、シフトアシストなど、最新機種には多彩な機能が盛り込まれる。用品分野でも、バイク用インターコムはスマホと連動し活用領域が広がり、ツーリング時の利便性も格段に上がっている。
さらにメーカーの動きを俯ふかん瞰すれば、バイクの未来が見えてくる。ヤマハ発動機では「人間の限界を超える」をテーマに"MOTOBOT"の開発を進めている。センサーで得た速度やエンジン回転数などの情報をもとに、ロボットライダーがステアリングやアクセル、ブレーキ、クラッチを操作し自律的に運転するというもの。
乗り手側の情報を可視化し、車両の挙動との関係を明らかにすることで、車両開発に生かす。
カワサキが注力し始めたのが、AI(人工知能)の活用だ。感情を理解し自然な対話ができるシステムにより、AIが乗り手の意思や感情を会話から理解し、経験やスキルなどに応じてセッティングを変える。また、ライディングを楽しむための情報や安全に乗るためのアドバイスも提供するという。
今年1月初め、ホンダが米国で発表したのは"倒れないバイク"。乗り手がバランスを崩してもバイクが自律的にバランスを保ち、低速走行時や取り回し時などの転倒を防ぐ。同社の2足歩行型ロボット「ASIMO」で培ったバランス制御技術を応用している。
海外でも、BMWが停止時でも倒れない電動コンセプトモデルを発表している。あとは乗車中に"雨に濡れない技術"が実現できれば、バイク利用時のネガティブな部分が解消されるのかもしれない。
こうした先進技術とともに、これからの二輪車市場を語る上で欠かせない視点が"高齢化対応"だ。最近、高齢者の自動車事故の多発が問題視されているが、バイクに関していえば、高齢ライダーは総じて若々しい。以前、ヤマハ発が東北大教授と共同で「バイクの運転が脳や心の健康にポジティブな影響を与える」という研究成果を発表した。この点に着目し知恵を絞れば、これまでの「二輪車=危険、怖い」というイメージを「いきいき、健康」という社会的要請に沿うものへと変えていくことができる。
そう考えれば、地域が有する二輪車に関する企業や人の集積は、世界でも稀な健康長寿県・静岡の地域資源といえる。その活用が大いに期待される。

投稿者:主席研究員 川島康明|投稿日:2017年03月01日|

ページの先頭へ

入会お申し込み・資料請求について 入会および維持会員への切り換えなどに関するご照会・お問い合せは、総務部会員担当までご連絡ください。
また、入会資料の送付をご希望される方は、入会お申し込み・資料請求フォームよりお申し込みください。電話番号 054-250-8750 E-mail info@po.seri.or.jp 受付時間 9:00から17:00 祝日 土・日・祝除く入会お申し込み資料請求フォーム

  • 維持会員専用サイト

カテゴリー

最近の投稿

月別

  • サービス案内
  • 財団法人 静岡経済研究所 書籍のご案内
  • 静岡経済がわかるリンク集
  • 静岡県内事業者一覧
  • 研究社員紹介
  • マーケットプラザ