メールマガジンバックナンバー

2015/04/10

第46号~平成26年度の活動報告と平成27年度の活動計画


 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 

◆内陸フロンティア推進コンソーシアム メールマガジン◆ 第46

                           [2015.4.10]

 

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 

~平成27年度は、民間事業者が具体的な成果を出せる環境づくりの支援を強化し

ます~

 

■第46号の目次■

1 平成26年度の取組み振り返り

2 平成27年度の活動について

 

 内陸フロンティア推進コンソーシアムの会員の皆様へ

 

 平成27年度のメルマガ第1号です。改めまして、今年度もよろしくお願いしま

す。

 さて、今回は、内陸フロンティア推進コンソーシアムの平成26年度の活動報告

と平成27年度の活動計画についてご紹介します。

 

 「『内陸のフロンティア』を拓く取組」について、詳しく知りたい方は、 静岡

県のホームページをご覧ください。

 http://www.nf.pref.shizuoka.jp/

 

 

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 

 

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

1 平成26年度の取組み振り返り

 平成26年度は、次の4つの活動を展開しました。

 

(1)内陸フロンティア構想の普及啓発活動と企業の皆様のニーズ把握

 静岡県や市町と連携して、内陸フロンティア構想の理解促進を図ってきまし

た。

 

○内陸フロンティア推進区域説明会(静岡県との共催)

 7月28日、会場:浜松総合庁舎(浜松市)

 8月4日、会場:下田総合庁舎(下田市)

 8月7日、会場:もくせい会館(静岡市)

 9月4日、会場:プラサヴェルデ(沼津市)

 

 

○経済団体や業種・業界別の説明会及びニーズ把握のための意見交換会の実施

 実施先:静岡県信用金庫協会、掛川信用金庫、東海税理士会静岡支部、大和ハ

ウス工業

 

(2)地震・津波企業向け防災セミナーの開催

 企業の方々に、県・市町の防災に関する取組みの現状を把握してもらい、今後

の事業計画づくりの参考としてもらうために、防災セミナーを次の3ヵ所で開催

しました。延べ200人の方がご参加されました。

 

 1112日、会場:プラサヴェルデ(沼津市)

 1118日、会場:メロープラザ(袋井市)

 2月3日、会場:竜洋公民館(磐田市)

 

(3)防災産業の育成の検討

 企業の防災に対する意識や現状を把握するとともに、防災ビジネスの可能性を

探るため県が実施した、「県内企業の防災対策および防災関連ビジネスの実態に

関するアンケート調査」(静岡県から静岡経済研究所のへの委託業務)に、事務

局として協力しました(内容は、後日メルマガで紹介予定)。

 

(4)情報発信

 静岡県や市町の内陸フロンティアの取組状況、構想の解説などをメールマガジ

ンで配信してきました。

 

 定期便:24回、 号外:12

 

 このほかに、10月には川勝静岡県知事との意見交換会、11月にはコンソーシア

ムの役員を中心に防災・減災施設の見学を行いました。

 

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 

 

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 

2 平成27年度の活動について

 

 平成27年度は、主に次の4つの活動を計画しています。内陸フロンティア構想

も3年目を迎え、民間事業者がより具体的な成果を出せる環境づくりのための支

援を進めていきます。

 

(1)情報発信と民間ニーズの把握

 民間事業者が工業団地に進出したり、新事業を検討しやすいように、静岡県の

助成制度や融資制度などについて、企業のオーダーに沿った形で情報提供を行い

ます。

 

 1 メールマガジンの発行…これまで掲載してきた市町長インタビューや内陸フ

ロンティア構想の新たな取組みの紹介のほか、特区の利子補給など制度を活用し

た企業にインタビューし、事業の狙いや現在の状況など実際の活用事例を紹介し

ます。

 

 2 業種別セミナー(意見交換会)…さまざまな業種・業界を対象に、対象者の

オーダーに合わせた制度説明会を計画します。県の支援制度などの説明を受けた

い場合には、事務局にご相談ください。

 

 3 地域別セミナー…昨年度から始まった内陸フロンティア推進区域は、今年度

も新たな指定が見込まれています。県と連携して、推進区域の事業概要などを紹

介するセミナーを計画します。

 

(2)防災先進県としてのPR強化

 静岡県は防災対策に長年取り組んできており、全国一の防災先進県と言っても

過言ではありません。さまざま機会を通じて、その内容を皆様に知っていただく

ともに、県内外に情報発信していきます。

 

 1 地震・津波企業向け防災セミナー

 26年度に引き続き、企業の方々に県・市町の防災への取組みを理解していただ

くため、開催して参ります。それぞれの地域事情にあわせ、各市町の最新の取組

みをご紹介します。

 

 2 防災関連産業の情報発信

 県内の民間事業者の防災産業への取組みを推進するため、県内外の先進事例の

ご紹介、また情報発信、さらに、県内外で開催される防災関連展示会の開催情報

提供など、さまざまな支援検討を進めていきます。

 

(3)静岡県・山梨県との交流促進

 平成29年度の中部横断自動車道の清水JCT~増穂IC間の供用開始を見据え

て、山梨県との官民連携による共同セミナーなどの開催検討のほか、情報発信を

進め、両県の民間交流を図っていきます。

 

(4)幅広い分野での行政の取組みとの連携強化

 静岡県は、県内経済の再生策を協議する「県産業成長戦略会議」や地方創生を

進めるための「静岡県まち・ひと・しごと創生県民会議」を組織しました。こう

した組織や取組みは、内陸フロンティア構想と共通する点が数多くあります。ま

た、静岡市など各市町でも、構想に関連するさまざまな施策が進められていま

す。こうした取組みと連携を強化し、構想の早期実現を図っていきます。

 

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 

 

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

□本メールは、関係団体を通じて、もしくは、当所に「内陸フロンティア推進コ

ンソーシアム」ご参加のご連絡をいただい方に、送信させていただいておりま

す。 

 

□メール申込の手続きなどしていない方は、このアドレスにご連絡ください。配

信を止めます。 

 

□メールマガジンの登録変更・解除を希望される場合は、内陸フロンティアのア

ドレスfrontier@po.seri.or.jpまでご連絡ください。

 

**********************************

 

発行:内陸フロンティア推進コンソーシアム事務局

   〒420-0853

    静岡市葵区追手町1-13アゴラ静岡5階

    一般財団法人静岡経済研究所

    内陸フロンティア推進コンソーシアム担当

    電話:054-250-8750 FAX:054-250-8770

Hphttp://www.seri.or.jp/consortium/ 

連絡先

内陸フロンティア
推進コンソ-シアム事務局

一般財団法人 静岡経済研究所

〒420-0853
静岡市葵区追手町1-13 アゴラ静岡5階

電話:054-250-8750
FAX:054-250-8770

推進コンソーシアム会員募集中!

内陸のフロンティア構想とは

ページ先頭へ