新着情報

ホーム > 新着情報 > SERIマンスリー最新号 > 「SERIまんすりー」5月号発刊のお知らせ

「SERIまんすりー」5月号発刊のお知らせ

seri_mon_2010_05.jpg

◆財界人に訊く

須山建設 株式会社 代表取締役社長 須山 宏造 氏
        

◆特集
急激な構造変化に直面する自動車部品メーカー           
 
リーマンショックに端を発する経済危機が表面化してから、1年半が経過し、この間、自動車業界では、危機直後の想像を超える事態が進展してきた。1つは、先進国の自動車市場の急落とは対照的に、中国が米国を抜いて世界最大の自動車市場に浮上するなど、「新興国への主役交代」が明確となったこと、そしてもう1つは、ハイブリッド車が国内の新車販売台数で年間トップになり、電気自動車の量産も開始されるなど、「自動車の電動化」の潮流が加速してきたことである。
 そこで本稿では、本県産業の中核を担ってきた自動車部品メーカーが、こうした急激な構造変化をどのように乗り越えようとしているのか、県内自動車部品メーカーへのアンケート調査をもとに探ってみた。

◆調査01
新業態の登場で活性化するフィットネスクラブ業界

◆調査02
他業態の低価格攻勢が強まる中、健闘する100円ショップ業界            

◆特別リポート
2011年卒の就職戦線と企業の採用傾向

◆羅針盤
新茶の季節に寄せて             

◆アジア経済トピックス
中国の消費トレンド

◆トレンド情報
「龍馬伝」「地サイダー・地ラムネ」

◆企業紹介
株式会社 なすび

◆静岡B級グルメ食べ歩き
稲取「肉チャーハン」

◆MARKET PLAZA
?ビースケット 丸富製紙? 
ヨシムラ薬局 ?お佛壇のやまき

◆経営茶房〈しずおか花鳥風月の民俗誌〉
第4回 山芋とホトトギス

◆海外リポート<ニューヨーク>
国勢調査と米国経済の行方

◆愛知県リポート
品質重視へ、再起を図るトヨタ自動車
    

投稿者:静岡経済研究所スタッフ|投稿日:2010/04/26|コメントを書き込む

コメントを書き込む

コメントの書き込みに際し、下記についてあらかじめご了承ください。

  1. 弊所の判断により、コメントが掲載されないケースがあります。
  2. コメントの掲載まで若干の時間を要する場合があります。
※匿名等でも構いません。

ページの先頭へ

入会お申し込み・資料請求について 入会および維持会員への切り換えなどに関するご照会・お問い合せは、総務部会員担当までご連絡ください。
また、入会資料の送付をご希望される方は、入会お申し込み・資料請求フォームよりお申し込みください。電話番号 054-250-8750 E-mail info@po.seri.or.jp 受付時間 9:00から17:00 祝日 土・日・祝除く入会お申し込み資料請求フォーム

会員専用サイト

  • 維持会員の方
  • 賛助会員の方
上記ボタンをクリックしてログインしてください。

カテゴリー

最近の投稿

月別

  • サービス案内
  • 財団法人 静岡経済研究所 書籍のご案内
  • 静岡経済がわかるリンク集
  • 研究社員紹介