新着情報

ホーム > 新着情報 > プレス情報 > -ラグビーワールドカップ2019- 静岡県内の経済波及効果は120億

-ラグビーワールドカップ2019- 静岡県内の経済波及効果は120億

「ラグビーワールドカップ(RWC)2019」日本大会まであと約1年に迫った。RWCは、ファンの規模から夏季オリンピックやサッカーFIFAワールドカップに次ぐ世界的なスポーツイベントとも評される。1987年の第1回(ニュージーランド・オーストラリア共催)以来4年ごとに開催されており、日本代表チームは過去8大会すべてに出場。いずれも予選プールで敗退しているものの、前回大会(2015年イングランド大会)では、強豪の南アフリカを撃破し、日本中が熱狂に沸いた。
日本大会は、2019年9月20日-11月2日まで、国内12会場で20チーム(国・地域)が参加、計48試合が行われる。静岡会場(小笠山総合運動公園エコパスタジアム)では、「日本vsアイルランド」(9/28)や「南アフリカvsイタリア」(10/4)、「スコットランドvsロシア」(10/9)、「オーストラリアvsジョージア」(10/11)の計4試合が開催される予定となっている。また、静岡市と浜松市ではファンゾーンが設置され、日本戦や準決勝、決勝戦などを含む10日間(19試合)のパブリックビューイングの放映、ステージイベントや飲食ブースの出展が計画されている。さらに、浜松市、静岡市、掛川市・磐田市、御前崎市の5市4地域は8チームの公認キャンプ地に選定され、それぞれ1週間程度の滞在が見込まれるなど、地域活性化の起爆剤として期待感が高まっている。
そこで、本稿執筆時点で判明している情報や過去に県内で開催されたイ等のベントデータをもとに、経済波及効果を試算してみた。
news_20180620_1.pdf

投稿者:静岡経済研究所スタッフ|投稿日:2018/07/03|

ページの先頭へ

入会お申し込み・資料請求について 入会および維持会員への切り換えなどに関するご照会・お問い合せは、総務部会員担当までご連絡ください。
また、入会資料の送付をご希望される方は、入会お申し込み・資料請求フォームよりお申し込みください。電話番号 054-250-8750 E-mail info@po.seri.or.jp 受付時間 9:00から17:00 祝日 土・日・祝除く入会お申し込み資料請求フォーム

  • 維持会員専用サイト

カテゴリー

最近の投稿

月別

  • サービス案内
  • 財団法人 静岡経済研究所 書籍のご案内
  • 静岡経済がわかるリンク集
  • 静岡県内事業者一覧
  • 研究社員紹介
  • マーケットプラザ