新着情報

ホーム > 新着情報 > プレス情報 > 2019年 ゴールデンウイーク集客動向調査

2019年 ゴールデンウイーク集客動向調査

過去最長の10連休で 人出は前年比+24.0%増

静岡経済研究所(理事長 一杉逸朗)では、令和への改元を機に4月27 日から5月6日にかけて、過去最長となった「ゴールデンウイーク集客動向調査」の結果をとりまとめましたので、その概要をご案内します。

調 査 結 果 の 概 要■ 天皇陛下の代替わりに伴う過去最長の長期連休となり、期間を通じて満遍なく客を集めた施設・イベントが目立った。県内最大の祭り「浜松まつり」(浜松市)の来場者は
前年比+18.3%増加した。また、「藤まつり」(藤枝市)も前年を+56.5%上回るなど、花関連の施設・イベントも人気を集めた。

■ 今年のゴールデンウイーク期間中に行われたイベントや主要観光施設(270カ所)の人出は延べ929万人で、前年と比べて+24.0%と大幅に増加した(1日平均は92.9万人で、昨年(83.2万人)と比較して+11.7%増加)。

■ 各行楽地が盛り上がりをみせた一方で、連休の大型化による課題も浮かび上がった。労働力不足が深刻化する中、イベント運営・施設事業者の2割が人手の確保に難航し、
観光産業の現場は10日間にわたって慢性的な多忙感を強いられたとみられる。

■ 仮に個人単位で連休の取得時期をずらすことができれば、行楽需要の過度な集中を防ぎ、観光地の繁閑を平準化することにもつながる。一斉休みで集客増と人手不足とい
う明暗両面が浮かび上がった今年の連休を、働き方・休み方を考えるきっかけにしたい。

20190523.pdf

投稿者:静岡経済研究所スタッフ|投稿日:2019/05/24|

ページの先頭へ

入会お申し込み・資料請求について 入会および維持会員への切り換えなどに関するご照会・お問い合せは、総務部会員担当までご連絡ください。
また、入会資料の送付をご希望される方は、入会お申し込み・資料請求フォームよりお申し込みください。電話番号 054-250-8750 E-mail info@po.seri.or.jp 受付時間 9:00から17:00 祝日 土・日・祝除く入会お申し込み資料請求フォーム

  • 維持会員専用サイト

カテゴリー

最近の投稿

月別

  • サービス案内
  • 財団法人 静岡経済研究所 書籍のご案内
  • 静岡経済がわかるリンク集
  • 静岡県内事業者一覧
  • 研究社員紹介
  • マーケットプラザ