新着情報

ホーム > 新着情報 > プレス情報 > 第45回「静岡県版 景気ウォッチャー」調査(平成27年1月)

第45回「静岡県版 景気ウォッチャー」調査(平成27年1月)

―「現状」は悪化判断続くが、「先行き」は持ち直しの兆し―

□ 平成27年1月実施の「静岡県版 景気ウォッチャー」調査では、消費マインドの回復遅れから、家計消費関連の判断指数が低位にあり、「現状判断指数(方向性)」は44.0と、前回26年10月調査(42.7)に続き、“景気横ばい”を示す「50」を下回る「悪化」判断となった。

□ 一方、2―3カ月先の「先行き判断指数(方向性)」は50.5と、2期ぶりの改善判断に転じており、円安による物価高止まりの懸念はあるものの、原油安や賃上げ気運の高まりを追い風として、景況感に持ち直しの兆しが感じられる。

≫第45回「静岡県版 景気ウォッチャー」調査(平成27年1月).pdf

投稿者:静岡経済研究所スタッフ|投稿日:2015/02/26|

ページの先頭へ

入会お申し込み・資料請求について 入会および維持会員への切り換えなどに関するご照会・お問い合せは、総務部会員担当までご連絡ください。
また、入会資料の送付をご希望される方は、入会お申し込み・資料請求フォームよりお申し込みください。電話番号 054-250-8750 E-mail info@po.seri.or.jp 受付時間 9:00から17:00 祝日 土・日・祝除く入会お申し込み資料請求フォーム

会員専用サイト

  • 維持会員の方
  • 賛助会員の方
上記ボタンをクリックしてログインしてください。

カテゴリー

最近の投稿

月別

  • サービス案内
  • 財団法人 静岡経済研究所 書籍のご案内
  • 静岡経済がわかるリンク集
  • 研究社員紹介