新着情報

ホーム > 新着情報 > プレス情報 > 「主婦の消費動向アンケート調査」結果

「主婦の消費動向アンケート調査」結果

--景況感は横ばい、家計の引き締め続く--
□最近の景気については、「悪くなっている」が4分の1あるものの、「とくに変わっていない」が7割超を占め、景況感はおおむね横ばいが続いている。
一方、今後1年間の家計支出の見通しは、「引き締め意向」が半数を超えており、"倹約しよう"という主婦の姿勢がみてとれる。
□この1年間に"充実させた費目"、今後"充実させたい費目"は「旅行・レジャー費」や「子供の教育費」が上位に挙がった。一方、この1年間に"節約した費目"、今後"節約したい費目"では、「外食費」、「毎日の食費」、「衣料品購入費」が多かった。
□収入が伸び悩む中でも生活レベルに対する満足度は改善傾向が続いており、"収入の多さ=生活の満足度"とは捉えない新しい価値観がみてとれる。消費スタイルを考える際、こうした価値観とネットショッピングの相性は極めて良い。主婦はネットを積極的に活用して、限られた収入の中で商品やサービスをより安く購入し、生活の質を維持している様子が伺われる。
「主婦の消費動向アンケート調査」結果

投稿者:静岡経済研究所スタッフ|投稿日:2016/12/16|

ページの先頭へ

入会お申し込み・資料請求について 入会および維持会員への切り換えなどに関するご照会・お問い合せは、総務部会員担当までご連絡ください。
また、入会資料の送付をご希望される方は、入会お申し込み・資料請求フォームよりお申し込みください。電話番号 054-250-8750 E-mail info@po.seri.or.jp 受付時間 9:00から17:00 祝日 土・日・祝除く入会お申し込み資料請求フォーム

会員専用サイト

  • 維持会員の方
  • 賛助会員の方
上記ボタンをクリックしてログインしてください。

カテゴリー

最近の投稿

月別

  • サービス案内
  • 財団法人 静岡経済研究所 書籍のご案内
  • 静岡経済がわかるリンク集
  • 研究社員紹介