新着情報

ホーム > 新着情報 > プレス情報 > 「主婦の消費動向アンケート調査」結果

「主婦の消費動向アンケート調査」結果

「景況感は大幅に改善するも消費税増税を控え家計の引き締め続く」

◆最近の景気について、「悪くなっている」が14 . 1%まで低下するなど、主婦の景況感はリーマン・ショック以前の水準まで戻った。ただし、消費税増税後への不安感などから、今後の家計支出を「引き締めたい」とする主婦は7割近くに上る。

◆この1年間に“充実させた費目”は、主に「子供の教育費」で、今後“充実させたい費目”は「旅行・レジャー費」が最も多い。一方、今後“節約したい費目”としては、「外食費」や「水道光熱費」と回答する主婦が多かった。

◆消費税増税を控え、前倒し購入がみられる一方で、家計の引き締めに走る主婦も少なくない。ようやく明るさが見え始めた景気が、増税によって腰折れすることのないよう、政府による有効的な経済対策の実行が求められる。

≫「主婦の消費動向アンケート調査」結果.pdf

投稿者:静岡経済研究所スタッフ|投稿日:2013/12/25|

ページの先頭へ

入会お申し込み・資料請求について 入会および維持会員への切り換えなどに関するご照会・お問い合せは、総務部会員担当までご連絡ください。
また、入会資料の送付をご希望される方は、入会お申し込み・資料請求フォームよりお申し込みください。電話番号 054-250-8750 E-mail info@po.seri.or.jp 受付時間 9:00から17:00 祝日 土・日・祝除く入会お申し込み資料請求フォーム

会員専用サイト

  • 維持会員の方
  • 賛助会員の方
上記ボタンをクリックしてログインしてください。

カテゴリー

最近の投稿

月別

  • サービス案内
  • 財団法人 静岡経済研究所 書籍のご案内
  • 静岡経済がわかるリンク集
  • 研究社員紹介