新着情報

ホーム > 新着情報 > プレス情報 > 富士山「世界文化遺産」の登録効果を検証

富士山「世界文化遺産」の登録効果を検証

■6月に富士山が世界文化遺産に登録されたが、7―8月の富士山周辺の集客施設の利用者数をみると、前年を上回った施設は3割強にとどまり、前年並みが約4割と“世界遺産効果”は限定的だった。
■静岡県側の富士山周辺の観光客による経済波及効果は、世界文化遺産登録により+61億円増加し、1,952億円と推計された。また、地域の誇りや日本の象徴として、富士山という存在は静岡・山梨両県民、さらには国民から高く評価されており、潜在的な“景観価値”は+104億円と、非経済的な効果も大きい。
■今後の富士山への対応については、環境保全を最優先の課題としながら、構成資産の情報発信や冬季の景観需要創出、富士山関連商品のマーケティングなど、世界文化遺産登録によりブランド価値の高まった富士山を積極的に活用する工夫が望まれ、環境保全と観光振興の両立が求められる。

≫富士山「世界文化遺産」の登録効果を検証.pdf

投稿者:静岡経済研究所スタッフ|投稿日:2013/09/30|コメントを書き込む

コメントを書き込む

コメントの書き込みに際し、下記についてあらかじめご了承ください。

  1. 弊所の判断により、コメントが掲載されないケースがあります。
  2. コメントの掲載まで若干の時間を要する場合があります。
※匿名等でも構いません。

ページの先頭へ

入会お申し込み・資料請求について 入会および維持会員への切り換えなどに関するご照会・お問い合せは、総務部会員担当までご連絡ください。
また、入会資料の送付をご希望される方は、入会お申し込み・資料請求フォームよりお申し込みください。電話番号 054-250-8750 E-mail info@po.seri.or.jp 受付時間 9:00から17:00 祝日 土・日・祝除く入会お申し込み資料請求フォーム

会員専用サイト

  • 維持会員の方
  • 賛助会員の方
上記ボタンをクリックしてログインしてください。

カテゴリー

最近の投稿

月別

  • サービス案内
  • 財団法人 静岡経済研究所 書籍のご案内
  • 静岡経済がわかるリンク集
  • 研究社員紹介