羅針盤

ホーム > 羅針盤 > 企画グループ長 玉置 実 > サテライトオフィスの先進地 小さな町が示唆するもの

  • 企画グループ長 玉置 実
  • No.105

サテライトオフィスの先進地 小さな町が示唆するもの

昨年、サテライトオフィス誘致の先進地である徳島県を訪問する機会があった。訪問先は、徳島県中部の山間部に位置する神かみやま山町と、南部の海岸部に位置する美み 波なみ町。ともに自然豊かで、人口は5?6千人台、産業は農林業や水産業といった一次産業が中心である。神山町は2010年にクラウドで名刺管理のサービスを提供するSansan?がサテライトオフィスを開設したこと、美波町は地方創生に取り組む自治体のサポートで活躍している?あわえが有名である。

徳島県は、2019年度末のサテライトオフィス開設数が67件と、全国2位の実績を誇る。神山町はITやデザイン関連など14 社、美波町はITや建築設計関連を中心に20 社が進出するなど、同県を代表する集積地となっている。

2町が先進地となった要因として、徳島県による先駆的なブロードバンドの環境整備、同県の充実した補助金制度などが挙げられているが、現地の説明では、次の3点が印象に残った。

1点目は、進出企業と受入地域との調整役の重要性である。田舎に拠点を構える企業やそこで働く従業員は、自然環境での暮らしや地域との交流を望む。一方、受入れ側は、移住者に距離を置きがちである。そうした課題に対して、神山町では、地元のNPO法人グリーンバレーが、空き家を利用した住まい情報や地元との交流の場を提供することで地域との距離を縮めている。美波町では、前述の?あわえの吉田基晴社長が地元出身であることから、その人脈を生かすことで、従業員やその家族がお祭りなどの町内活動に参加しやすくしている。

2点目は、企業誘致にとどまらず、企業にとって魅力的な地域となるための新たな仕掛けを講じていることである。神山町では、2010 年、起業や創業を志す人を対象とした滞在型職業訓練の場「神山塾」を開始、これまでに多くの起業家を輩出している。多様な人材がいる点に魅力を感じて移住者が増える好循環につなげている。美波町では、?あわえが蓄積した地域活性化のノウハウをパッケージ化し、自治体の地方創生をサポートするビジネスを強化しており、地域課題解決をビジネスの一つとしている企業にとって、新たな事業の種を得る場となっている。

3点目は、働く側の意識の変化である。現地で働く30 代社員に、地方勤務を希望する人の特徴を尋ねたところ、「人生の優先順位が明確。大事なのは個人の嗜し 好こうに合った場所を選べ、暮らせること。サーフィンができるから当地を選ぶ人もいる」と答えてくれた。同地に拠点を持つ経営者からも同様の趣旨の回答が返ってきた。以前も地方を選ぶ人はいたが、最近、働き方より生き方を優先する人が若者中心に着実に増えているようだ。

コロナ禍で盛り上がった3密回避ニーズを地方が取り込むには、これまで以上に進出事業者の狙いや従業員の気持ちを理解することが必要になっている。

投稿者:企画グループ長 玉置 実|投稿日:2021年06月30日|

ページの先頭へ

入会お申し込み・資料請求について 入会および維持会員への切り換えなどに関するご照会・お問い合せは、総務部会員担当までご連絡ください。
また、入会資料の送付をご希望される方は、入会お申し込み・資料請求フォームよりお申し込みください。電話番号 054-250-8750 E-mail info@po.seri.or.jp 受付時間 9:00から17:00 祝日 土・日・祝除く入会お申し込み資料請求フォーム