羅針盤

ホーム > 羅針盤 > 調査グループ長 森下泰由紀 > 地域経済とESG金融

  • 調査グループ長 森下泰由紀
  • No.106

地域経済とESG金融

菅首相が脱炭素を宣言した昨年10 月の所信表明演説に前後して、「SDGs」や「ESG(環境、社会、企業統治)」という言葉が、改めてマスコミ等で注目されるようになった。ちょうどその頃、静岡銀行からESG金融の一種である「ポジティブ・インパクト・ファイナンス(PIF)」の商品化について相談を受けた。

PIFとは、融資の一形態である。金融機関は融資をする際に、取引先企業の事業活動を分析し、環境、社会、経済に対してプラスの影響を与えている活動(ポジティブ・インパクト)と、マイナスの影響を与えている活動(ネガティブ・インパクト)を特定する。そして、ポジティブな活動をさらに発展させ、ネガティブな活動は抑制するという目標を設定し、その達成に向けてモニタリングしながら一緒に取り組んでいくというものである。

当研究所はこのうち、企業活動がどのようにSDGsに貢献しているかというインパクトの特定と評価に関わったのだが、PIFはこれまで、メガバンクが大手企業に実施しているものばかりで、中小企業向けの事例や参考となるガイド等はなかった。そこで、評価実績のある?日本格付研究所からアドバイスを受けながら中小企業版のPIF評価書を完成させ、今年1月、静岡銀行と平野ビニール工業?が契約を結び、融資が実行された。

中小企業向けのPIF評価に当たっては、国連が掲げる原則に準拠し、求められるレベルを担保することはもちろん、地域の課題を解決することができる活動か、地域経済に波及する活動かなど、地域との関連性に重点を置いた。加えて、経営者がこのPIFに取り組む目的を汲く み取ることにも注力した。平野ビニール工業?の場合、外国人従業員の労働・生活環境の整備等をKPI(重要業績評価指標)に設定したが、社長の真の目的は、日本における外国人労働者問題を解決するために、同じ志を持つ仲間を募ることにあった。したがって、評価書においても、同社の理念や社長の思いを丁寧に記載し公表することで、単なる透明性の確保にとどまらない意義ある評価書となるよう心掛けた。

契約後、中小企業向けとしては国内初という話題性もあって多くの新聞で取り上げられたほか、環境省と情報交換をしたり、環境保全団体でセミナーをするなど、大きな反響があった。また、静岡銀行にはお客さまや他の地方銀行などから多くの問合せもあるようで、地域におけるESG金融の広がりが感じられる結果となった。

2030 年に向けて、"誰一人取り残さない"世界にしていくためには、国際機関や大手企業だけでなく、地域の機関や企業にこそ活躍の場があるはずだ。中小企業版PIFは、持続可能な社会づくりに貢献することで自社の成長を図りたいという地域企業に、金融という視点から後押しするものである。地域経済の活性化を理念に掲げる地方シンクタンクとして、こうしたSDGsの取組みに積極的に関わっていきたい。

投稿者:調査グループ長 森下泰由紀|投稿日:2021年06月30日|

ページの先頭へ

入会お申し込み・資料請求について 入会および維持会員への切り換えなどに関するご照会・お問い合せは、総務部会員担当までご連絡ください。
また、入会資料の送付をご希望される方は、入会お申し込み・資料請求フォームよりお申し込みください。電話番号 054-250-8750 E-mail info@po.seri.or.jp 受付時間 9:00から17:00 祝日 土・日・祝除く入会お申し込み資料請求フォーム